インタビュー記事

山本 鉄平
事務長山本 鉄平 先生

巨大装置の搬入が開業への課題。
緻密な検証や準備をもとに
迎えて乗り越えた「Xデー」

医療法人誠仁会 上本町画像診断クリニック

医療法人誠仁会 上本町画像診断クリニック 様

https://uehonmachi-rad.jp/

  • その他
  • 新装
  • 2015年6月

担当者

長渡 武史
営業長渡 武史
酒井 繁兼
建築酒井 繁兼
/info/wp-content/uploads/2020/11/uehonmachi_voice_doctor2.jpg

コンパスのスタッフの印象をお聞かせください。

長渡専務には長年お世話になりっぱなしで、何事も頼れるパートナーだと思っています。また、施工の酒井さんはモノづくりが本当に好きなんだな、とひしひしと感じました。コンパスの皆さんは、顧客に、そして会社に仕事を任されている一人間として、責任を持って動かれている方ばかりですね。

/info/wp-content/uploads/2020/10/nagato_take_01b.jpg

開業のご相談を再度いただき、身が引き締まる思いで装置の搬入や設計などに取り組みました

以前、開業のお手伝いをさせていただいたこともあり、新たに開業するからとご相談いただいた時は本当に有難いと感じましたし、より一層ご期待に応えたいと思いました。巨大な機器の搬入について緻密な計画を立てて動いたこと、テナントが約40坪ということで、機器のこともありながらスタッフと患者さんの動線を考え抜いたことが印象に残っています。

竣工前エピソード

画像診断の装置が狭い区画に搬入できるか」
という相談からのスタート

クリニックの基本的な方針と特長を教えてください。

地域の様々な医療機関からの画像診断依頼によって検査を実施し、検査結果を速やかに報告しています。
画像診断というのはMRIやCTなどの装置を使った検査のことを指します。
 
最新鋭の装置を用いてこれらの検査を放射線科専門医が実施することで、質の高いレポートを提供しているのが特長です。検査のご依頼から数日以内に検査を行うことにより早期の診断や治療を可能にしたり、緊急検査や緊急読影にも対応しています。
また、各種健康診断や人間ドッグ、脳ドック、肺がん検診、大腸がん検診なども行っています。

早い診断や治療を目指して、検査の実施や結果報告をスピーディに行われているのですね。ではコンパスに依頼されたきっかけは?

開業コンサルタントさんよりご紹介を受け、最初に医療法人福命会「くずは画像診断クリニック」、次に医療法人誠仁会「登美ヶ丘画像診断クリニック」でコンパスさんにお世話になりました。そしてここは3つ目のクリニックとなったのですが、特に他社さんと比較するようなことはなく、「ここで画像診断のクリニックが実現できるのか」ということをコンパスさんにご相談するところから始まりました。

海外から来る巨大な装置をミスなく搬入する
「Xデー」への緻密な準備と実行。

やはり「画像診断のための大きな装置が入るか」がポイントだったのでしょうか。

そうですね。
約40坪という狭く天井高の低い区画に、大きな機器が本当に入るのかを判断するというところからのスタートでした。
MRI装置は非常に大型で重量があるため、搬入経路の確保に留意して計画をしていきます。MRI装置にも色々ありますが、重いものでは6トンもあり、1億円以上の初期コストがかかります。当クリニックでは、全身領域で高精細な画像が得られる最新鋭の3テスラMRIの導入を検討していました。
 
また、磁石型の装置ということで移動中も磁場を発しているため、その影響についても安全対策を講じなければなりません。集合型医療モールの地下にあるこの場所に、海外から取り寄せるシーメンス社のMRI装置をミスなく搬入して設置できるかどうかが大きな課題でした。

かなり緊張感がある課題ですね。それに向けてどのようにコンパスと進められたのでしょうか?

主にMRIのメーカーであるシーメンスさん、各設備業者さんなどとコンパスさんが設置計画についての検証打合せを重ねてくださり、検討していた機器を設置することになりました。実際、足場を組んだり壁を切ったり、搬入だけでも20名以上の方が関わってくださり緊張の中での夜間搬入工事となりましたが、思い描いていた通りの工程で「Xデー」を無事終えられて安心したのを鮮明に覚えています。全体のスケジュールも各所の都合を鵜呑みにするのではなく、私たちの想いにできるだけ近づけるように調整してくださったのでスムーズに開業することができました。

そのような搬入工事ですと、周辺にもご理解いただかないと…というところですよね?

コンパスさんと共にご挨拶に伺ったり、コンパスさんだけにお願いしたこともありました。苦情もなく終わり本当にホッとしました!

竣工後エピソード

狭さを感じさせない雰囲気と、
患者さんが無駄なく動きやすい動線ができた。

問題なく開業できて本当に良かったです。
レイアウトや内装についてのこだわりをお聞かせいただけますか?

当初は診察室を真ん中に置こうと考えていましたが、コンパスさんと相談し、受付を中心として待合室から検査室、診察室、処置室までぐるりと回れる流れをつくりました。比較的狭い空間ながら、あまり狭さを感じさせない雰囲気と無駄のない動線が実現できて良かったと思います。
また、デザインや壁紙などについてはコンパスさんのセンスにお任せしました。シンクの形やコンセントの位置などについては「登美ヶ丘画像診断クリニック」からこちらに異動してくれたスタッフに話を聞き、使い勝手の良いように決めていきました。

確かに、限られたスペースで動きやすい動線がつくられていますね。
他にもコンパスに依頼して良かったと思われることはありますか?

当クリニックではMRI装置の都合で空調機器を24時間365日稼働させなければならず、非常にランニングコストがかかってしまいます。そこで、もともと設置してあったもののエラーになっていた空調機器を調べて使えるようにしてくださいました。このように、ちょっとしたことでも限られた条件の中で効率良く使えるように考えてくださったことが嬉しかったですね。何事も顧客の立場で考えてくださるのがコンパスさんの強みだと思っています。

開業について大きなことから小さなことまで頼りにすることができたのですね。
最後に今後の展望をお聞かせください。

MRI検査は強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。
特に脳や脊椎、膝、肩、子宮、卵巣、血管などの検査を得意としており、色々な病気の早期発見や診断に有効とされ、日々研究が進んでいます。
しかしながら当クリニックのようにMRI装置を設置している医療機関はまだまだ少ないのが現状ですので、通常のクリニックでは検査できない検査を当クリニックで行い、迅速で正確な画像診断を提供することで多くの患者さんや医療関係者の大きな力になっていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

医療法人誠仁会 上本町画像診断クリニック

その他インタビュー記事